工場再生プロジェクト

尼崎市 H工業 金物加工業
売り上げ2億、従業員12名・工場敷地60坪のケース

住宅街にある工場に寄せられる周辺住民からの苦情。騒音対策の究極の手段!

周辺住民から寄せられる「苦情」。
住宅街にある工場の社長は、防音工事のご相談に…

 「防音工事は、どれくらいの費用で出来るんですか?あと、作業場の増築も考えておりまして…」。H工場社長が深刻な表情で、ご相談に来られました。詳しく事情をお聞きしたところ、15年前に尼崎市の住宅地域にあった3階建ての建物を購入し、作業場に改修したとのことです。購入した時は、周りに住宅も少なく仕事量も多くなく、さほど問題はありませんでした。しかし、ここ5年くらいで業績が上がってくるようになり、当然「残業」が増え、夜中も機械を回さざるを得ない状態。当然「音」と「振動」が周辺住民の苦情の的となり、クレームの電話が毎日のようにかかってくるようになりました。そのクレームの対応で仕事にも支障をきたし、「苦情」と「納期」との板ばさみの日々が続いているとのことでした。

防音、振動を完全に抑えることは不可能。
ならば思いきって「工場を移転しましょう!」

 防音は何とかなるとしても、振動までを完全に抑えることは不可能であると判断。私たちの出した結論は工場の移転でした。
  まず現状の土地を売却。次に移転先にふさわしい場所を調査し、西淀川区の工業専用地域への工場の移転を提案。200坪は現状の60坪の3倍以上で、作業場の増築もスムーズにいくはず。

周りは工場と倉庫のみ
おかげで工場フル稼動!敷地が倍になった分、売上も倍に!

 周りは工場と倉庫のみですから、今では工場がフル稼働です。以前に比べて敷地が広い分、駐車場も確保でき一石二鳥でした。売上も移転前の倍に上がり、返済もスムーズに行えています。



お問い合わせ

マンションオーナープロデュースに関するお問い合わせ又は、ご依頼は

株式会社 ニュートン 不動産事業部直通ダイヤル 06-6325-0580

インターネットからのお問い合わせはこちら

 

なんでも相談室

こんな時、どうしたらいいの?お客様からお問合せをご紹介。

お問い合わせ

土地・建物に関するお問い合わせ、
又はプロデュースのご依頼

不動産事業部:直通ダイヤル 06-6325-0580

お問い合わせフォーム

電子メール