自宅裏の空き地の活用

東大阪市
敷地面積144.53m2の土地活用のケース

デザイナーズマンションで自宅裏の空き地が活きる。高稼働率、安定収入をめざす!

大切な両親の所有地で損はできない。
無理のない範囲での効果的な活用の方法はないものか…。

 「自宅裏の40坪の空き地をなんとかしたい」と、あるお客様がニュートンを訪ねてこられました。お伺いしたところ、約10年前に新築された二世帯住宅の裏庭が手付かずのままだとか。ご両親の所有地であり、自己資金もそれほど余裕がないそうです。「当然、損はしたくないし、年金程度の収入が入ってくるような活用の仕方はないでしょうか」というご相談でした。実際、駅から近く、周辺にはスーパーやコンビニなどがあり、近くの川には遊歩道もできて賃貸マンションを建てるには良好な立地でした。

近隣の競合マンションとの差別化
入居者の望むスタイルを実現するデザイナーズマンションを計画。

 しかし、周辺には他にもマンションが次々と建設され、とくにワンルームタイプが目立ちました。同タイプのものを建てると新築時は入居者が入っても、将来的に安定した収入が得られるか不安です。そこで、他との差別化を図るため、建築家によるデザイナーズマンションの建設をご提案しました。一方、独自の調査で入居者が望むデザインや間取り、安定経営できる賃貸マンションのタイプを模索。その結果、この周辺では単身者向けマンションが供給も少なく、また賃料も安定することが分かりました。これをもとに建築家と話し合いを重ね、デザイナーズマンションの企画を進めました。最初、活用に重点を置き、可能な限りの規模の大きなマンションを考えました。しかしお客様のご自宅の裏にそんな大きな建物を建てていいのかという疑問が湧いてきました。打ち合わせを重ねるうちに、お客様の本当のお望みだった“負担にならない活用”という当初の原点に戻ることにしたのです。

建築費坪51万円のローコスト。
管理の手間も省け、安定経営を実現させる。

 私たちがご提案したもは、1DK4戸のメゾネットタイプという贅沢な間取りプラン。当社提携の保証会社の一括借上げにしたため銀行融資で金利が優遇されたました。また、施工会社を4社競合させることにRC造デザインマンション4戸の建築費が坪51万円までに抑えられました。さらに、デザイン住宅による他所との差別化で稼働率を高め、安定経営が可能に。一括借上げの管理はすべて管理会社に任せてお客様の手を煩わさず、しかも建築費を抑えながら人気の間取りで確実な収入を得るという、当初のご要望を実現できたのです。



お問い合わせ

マンションオーナープロデュースに関するお問い合わせ又は、ご依頼は

株式会社 ニュートン 不動産事業部直通ダイヤル 06-6325-0580

インターネットからのお問い合わせはこちら

お客様の声

お喜びの声。お客様インタビュー!

『 土地・建物活用 』
プロデュース実績

土地・建物活用プロデュース実績

土地・建物活用プロデュース物件のご紹介

なんでも相談室

こんな時、どうしたらいいの?お客様からお問合せをご紹介。

お問い合わせ

土地・建物に関するお問い合わせ、
又はプロデュースのご依頼

不動産事業部:直通ダイヤル 06-6325-0580

お問い合わせフォーム

電子メール